カリスマ施術師の魔法の手

治療師になって30年以上経ちました。ストレスの多い現代社会の中での生活で、コリの状態が慢性悪化して、自身の状態がどのようになっているか分からない人が多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の子ども40%に花粉症の疑い?発症は9歳までが8割

日本の子ども40%に花粉症の疑い?発症は9歳までが8割
サーチナ 3月1日(火)18時16分配信

 大王製紙株式会社は、15歳以下の子どもを持つ全国の母親1000人を対象に、「子どもの花粉症に関する意識調査」を実施、15歳以下の40.6%に花粉症の症状が見られ、そのうち81.3%は9歳までに発症しているとの結果が出た。

 花粉の飛散量が多いとされる今シーズンは、特に話題にのぼることが多い花粉症。近年では子どもにまで広がっているとも指摘されていることから、調査が行われた。

 15歳以下の子どもを持つ母親1000人に、あなたのお子様は花粉症かと聞いたところ、「花粉症である」と回答した人が21.5%、「たぶん花粉症である」が19.1%となり、15歳以下の子どもの40.6%に花粉症の症状が見られることが分かった。

 また、子どもが「花粉症である」「たぶん花粉症である」と回答した母親406人に対して、子どもが花粉症を発症した時期について聞いたところ、「0~3歳」が26.1%、4~6歳が33.0%、7~9歳が22.2%となった。9歳以下が全体の81.3%を占め、子どもの花粉症と見られる症状の多くが、小学校低学年までに発症することが分かった。

 この調査は2011年2月10日、インターネット調査で行われたもので、0~3歳、4~6歳、7~9歳、10~12歳、13~15歳の子どもを持つそれぞれの母親、各年齢層200サンプルを収集したという。(編集担当:鈴木義純)





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村



フラナガン水素配合の水素サプリメント『ザ・水素の答』…元気一番



スポンサーサイト

日本のスギ花粉症「発祥の地」

<支局長が語る>日本のスギ花粉症発祥の地
毎日新聞 3月7日(月)14時36分配信

 ◇学会発表は1963年秋

 物事が初めて起こった土地を「発祥の地」と呼ぶようです。おめでたいことを指すようなので、誤った使い方かもしれませんが「日本のスギ花粉症発祥の地は日光」と宇都宮に着任してから知って、驚きました。

 古河電工日光電気精銅所付属病院(当時)の斎藤洋三医師(耳鼻咽喉科)が1963年秋、神戸市で開かれた日本アレルギー学会で、「スギ花粉症の発見」として発表したのです。斎藤医師はこの年に同病院に着任しました。3月になると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみを訴える患者が増え始め、4月にピークを迎えました。当時の診断は「アレルギー性鼻炎」だったとのことです。

 斎藤医師は看護師に尋ねたり、過去の記録を調べ、毎年同じ時期に患者が増えていることを突き止めました。スギ並木のそばに住んでいる人もいたようです。海外では同様の症状があると文献で調べた斎藤医師は、患者の血液を検査したり、スギの黄色の花粉を患者にさらして、同じような症状が再現できたことから、スギ花粉症と名付け発表しました。

 78歳になる斎藤医師は、今も東京都内の病院でアレルギー外来を担当し、花粉症の治療に当たっています。先日、お話しをうかがったところ「もう47年以上も前のことで、あまりよく覚えていないが、最近は患者さんが増え、症状も重くなった」と心配しておられました。

 環境省によると、今年春のスギとヒノキの花粉の飛散量は、昨年夏の日照時間が長く、気温が高かったため、大変多いそうです。宇都宮市は昨年の約2倍と予測されています。私は幸い、花粉症ではないのですが、花粉が多く飛ぶ年ほど、花粉症になるリスクが高まるそうです。ここ宇都宮が私にとって花粉症の「発症の地」にならないよう祈るばかりです。【宇都宮支局長・吉川学】






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村



フラナガン水素配合の水素サプリメント『ザ・水素の答』…元気一番



がん治療最前線の温熱療法「専門医が知らない」で設置率5%

がん治療最前線温熱療法専門医が知らない」で設置率5%
NEWS ポストセブン 3月5日(土)16時5分配信

 抗がん剤の有効性と危険性が論争の的となるなか、その副作用を軽減し、従来の抗がん剤・放射線・手術によるがん治療の効果を高める「ハイパーサーミア(温熱療法)」が注目を集めている。

 ハイパーサーミアは、高周波を利用するサーモトロン-RF8という装置で、体の表面から深部まで加温する治療法だ。元来、熱に弱いがん細胞を摂氏42~44度で死滅させる目的で開発されたが、最近ではがん周辺の正常な細胞を42度以下の低い温度で活性化させ、免疫力を高める働きのほうも注目されている。がん細胞内への薬剤の取り込み量が増大し、放射線の効果も増強されることも分かってきた。

 福岡県北九州市の社会医療法人共愛会戸畑共立病院の今田肇・がん治療センター長は、放射線、化学療法併用のハイパーサーミアで効果を上げている。「最大の利点は、抗がん剤の量を減らしてその副作用から患者さんを解放し、長期にわたる治療が可能になることです」(今田氏)

 肺がんに抗がん剤とハイパーサーミアを併用した場合、がんの消失・縮小効果を表わす奏効率は、薬剤単独の倍以上という。群馬大学第一外科の浅尾高行准教授は、直腸がんの手術前に行なう温熱化学放射線療法により、進行がんでも人工肛門がいらない肛門温存手術の可能性が高まるという。

「群馬大では術前の放射線療法に、温熱療法と化学療法を併用しています。3者併用では、顕微鏡で見てがんが消失した例が27.4%、CTや内視鏡でがんが認められない例が54.9%になりました。新しい肛門温存手術により進行下部直腸がんの自然肛門温存率は90.2%に上っています」(浅尾氏)

 ハイパーサーミアは脳と眼球を除くあらゆる部位のがんに適用可能で、副作用がほとんどない。しかし、治療施設は全国で約70か所と、まだまだ不足している。普及しない理由は、一連の治療をまとめたものに対して保険点数が決められており、何回治療しても定額で、医療機関にとって経営上のメリットが少ないこと。設置施設が全国のがん診療拠点病院中5%にも満たないため、がんの専門医がこの治療法を理解していないといったこともある。

※週刊ポスト2011年3月11日号





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村



フラナガン水素配合の水素サプリメント『ザ・水素の答』…元気一番



音楽プレイヤー大音響で聞き続けると 聴力異常を証明

音楽プレイヤー大音響で聞き続けると 聴力異常を証明

米・科学誌に実験論文 岡崎の「生理研」

 岡本特任准教授は「昔から言われていることだが、データで明確に示すことができたのは初めて」と話している。論文は2日の米・科学誌プロスワン(電子版)に発表された。

 実験は、地下鉄車内の騒音に相当する80デシベル以上の音楽を、イヤホンで1日平均約2時間、半年以上聞き続けた20歳代の13人と、全く聞かない13人の計26人を募集して実施した。リラックスした状態にさせてから、「ザー」と鳴り続ける音の中に「ピー」という電子音を混ぜて聞かせ、脳内で聴覚をつかさどる部位に流れる電流の強さを測定したところ、大音量を聞き続けたグループは、電子音を聞き分ける能力が劣っていることが分かった。

 岡本特任准教授は「大音量で聞き続けると、聴覚神経などに負荷がかかり、日常生活では雑踏での話し声や車のクラクションが聞き取りにくくなっていると推測され、注意が必要だ」と指摘している。(鈴木徹)

(2011年3月4日 読売新聞)





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村



フラナガン水素配合の水素サプリメント『ザ・水素の答』…元気一番



「ただの腰痛」と侮ると不眠になる可能性も!?

「ただの腰痛」と侮ると不眠になる可能性も!?何をやっても治らない頑固な痛みとうまく付き合う方法
2011年3月2日(水)08:40

腰痛から不眠、そして入院へ
仕事への支障を認識し、完治を目指す
出版社勤務 Vさん49歳

 Vさんの学生時代は1年を通して日焼けしていることが当たり前だった。「日焼けしていると女の子にモテる」と信じていたからだ。都立高校時代はテニス部、大学時代はサーフィンとスキーのサークルに所属していた。夏休みは伊豆半島の海の家。冬休みと春休みは志賀高原のスキーロッジで合宿兼アルバイトをしながらサークル仲間と過ごした。体力とネットワークづくりに自信があるVさんは早くからマスコミに就職することを決めていた。

 就職試験ではテレビ局と新聞社には落ちたものの、ファッション雑誌を数多く手がける中堅の出版社に内定が決まり、広告部に配属された。昭和から平成に変わる直前の日本は、常に雑誌の新しい情報を求めていた。日本人のデザイナーが世界のコレクションで注目されはじめた時期でもあり、次々と新しい雑誌が創刊された。

 Vさんは入社してから雑誌広告が2種類あることを知った。1つは広告代理店から版下を受け取ってそれをそのまま掲載する「純広告」と呼ばれるもの。そしてもう一方が「タイアップ広告」と呼ばれるものだ。Vさんが担当したのはタイアップ広告の進行管理だった。Vさんの会社では、タイアップ広告は雑誌編集者が製作を担当する。明らかに広告とわかる情報よりも、より読者に浸透しやすいと、ファッションメーカーや外資系の化粧品メーカーからの申し込みが殺到した。それを調整するのがVさんの仕事だった。

 しかし、入社から1年がたったある日のことだ。クライアントの広告が掲載された雑誌を5冊持ってVさんが立ち上がろうとしたとき、生まれてはじめて経験する激痛が腰を襲った。

 職場の近くの整形外科に駆けこんだ。痛くて医師の話もまともに聞くこともできないほどだった。レントゲンを見ながら医師が言った。

「俗にいう『ぎっくり腰』です。まずは安静にしてから湿布を貼って様子を見ましょう。運動不足も原因です。これから渡すこの紙にも書いてある『腰痛体操』を毎日してください」

 あまりの痛みに数日間は、夜も寝ることができなかった。「この痛みが永遠に続いたら会社を辞めなくてならないかも…」という不安に毎晩襲われた。痛みが強いときほどその不安は強くなった。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村



フラナガン水素配合の水素サプリメント『ザ・水素の答』…元気一番



HOME このページの一番上へ 次のページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。